トップページ > 結婚指輪を手作りしよう!

結婚指輪を手作りしよう!

結婚指輪 手作り【工具編】

結婚指輪を手作りするのは意外と簡単で、とても楽しい作業です。結婚指輪を手作りするための方法や手順、揃えなければならない工具などを紹介します。

まずこのページでは、手作りするための工具達を紹介しましょう!

左側は「ワックス」と呼ばれているジュエリーの原型となる材料になります。これは、「ローソク」に似た成分で出来ており、これを削ったり、付け加えたりして、指輪やペンダント、ピアスなどの「原型」を作ります。
作った原型を「石膏」に埋め込んだ後、熱で溶かして重力で流れ落ちます。ワックス原型があった空洞に溶けた金属を流し込んで常温になって固まった金属がジュエリーになるのです。右の写真はワックスを削り、形作るために支えてくれる縁の下の力持ち「すり板」になります。ここにワックス原型を乗せて、ワックスを削ったりします。

ワックス原型荒目ヤスリ

次は、大まかな形やリングサイズの削り出すのに最適な切削工具になります。アメリカのmatt社の工具。左下はミニレースと呼ばれている工具で、右下にあるのは、切削に必要な成型テーブルになります。

ワックス切削ワックス成型機

左側下にあるのは、その原型を削るための「荒目ヤスリ」になります。その中に「燕尾(エンピ)」と呼ばれているRになっている楕円のヤスリも含まれています。そして右側下にあるのが「プロペラヤスリ半丸」。

荒目ヤスリプロペラヤスリ半丸

まずは工具紹介、第一弾でした。結婚指輪を手作りするために必要な工具はまだまだ沢山あります。